セミナー&スクール紹介

基礎を確実に学ぶ。

近年、スマートフォンの普及が急伸するなか、アプリを自分で作りたいと考えるソフトウェア開発未経験者の方が急増しています。その理由は、アプリを販売して利益を得たい、新しいことを始めたい、自分用のアプリを作りたい、などさまざまです。書店には数多くのiOS、Android関連書籍が並んでおり、世間の関心の高さを裏付けています。

弊社のラーニング事業部は2010年度よりiOS関連のセミナーを開始しました。

当時、日本国内にはiOS環境について学べる場所は少なく、関西では弊社一社のみでした。現在でも関西において、iOS関連のセミナーをコンスタントに受講できるのは弊社のみです。スタート当初から未経験者への講習を積極的に行い、モバイルアプリケーション開発未経験者がつまずくポイントとその対処法のノウハウを蓄積してまいりました。
講習を行って気づいたのは、モバイル端末のアプリケーションは小さな画面で実行される為、比較的簡単に作れると思われがちだということです。しかし実際は違います。モバイル端末の限られたリソースで大きな要求に応える為には、非常に高度な技術を要します。WindowsやMacなどで既になんらかのアプリケーションを作ったことのある方にとってもモバイルアプリケーションは別モノと考える必要があります。PCとはハードもOS違う為、PC用のアプリケーションをそのまま移植することは難しいことがほとんどです。

基本を確実に学ぶことで、応用力を身につけます。

弊社の全てのセミナーには一環する特徴があります。それは「基本」を身につけて頂くということです。よって、弊社のセミナーを受講したからすぐに明日から素敵なアプリケーションを作れるようになる、というわけではありません。又、弊社はセミナー事業を主な事業とする企業ではありません。よって、セミナーへのリピート率を増やすような小細工は一切ありません。一度のセミナーでできるだけ多くの知識を伝えれるよう努力しております。
セミナーで「基本」を身につけた結果、セミナーで紹介できなかったことについても独学で理解できるようになる、これがセミナーのあるべき姿だと弊社は考えます。

学習環境 ハンズオンセミナー

弊社では、ハンズオンセミナーのみ学習環境をご用意しております。もちろんMacを持ち込んで頂いても問題ございませんが、持ち込みの際は弊社で用意している環境と違いが無いかご確認下さい。環境が違う場合は持参したMacをご使用になれない恐れがあります。

弊社の環境は以下になります。
MacBook(MC207J/A)
Mac OS 10.8
Xcode 4.6
最新のiOS SDK

受講の流れ 受付から受講までの手順をご説明します

受講受付

セミナーを希望させる方は、受講生募集概要を熟読の上、受講受付フォームよりお申込みください。応募は先着順とし、定員をオーバーした場合はキャンセル待ちとなります。

受講票発行

メールで受講票を発行致します。キャンセル待ちの場合はその旨をメールでご連絡致します。申し込み時のメールアドレスが間違っていた場合、ご連絡ができませんのでご注意下さい。

受講

セミナー当日に受講票を印刷して持参して頂きます。

▲ PAGE TOP