DAPの音楽鑑賞でプレイリストを活用すると、いろいろなメリットがあります。

普段あまり作らない人は、ここで紹介したポイントを参考にしてみてください。

もしメリットがありそうなら、試してみることをおすすめします。

好きな曲を手軽に楽しめる

DAPでプレイリストを使うと、お気に入りの曲だけをまとめておくことができます。

バラバラの状態だと、探すときに少し手間取ることもありますが、集めておけば安心です。

そのプレイリストを選択するだけで、聴きたい曲がすぐに見つかります。

曲を評価すると、そうしたプレイリストが作りやすいので、時間を見つけてチェックしておきましょう。

星の数が多いものだけを集めていけば、自然と飽きの来ないプレイリストが完成します。

本当に心に刺さる曲だけに絞れば、自分が好きな音楽の傾向を分析することもできるのです。

一度作ったものを放置せず、ときどきアップデートすれば、より濃いものを作ることも可能です。

飽きた曲を外し、新しく気に入った曲を加えて、ブラッシュアップしていきましょう。

そうして絞り込んでいけば、いつ聴いても楽しめるプレイリストになります。

気分に合った曲だけを再生できる

プレイリストを作るときは、気分を重視する方法もあります。

「夜にじっくり聞きたい曲」「ドライブで気持ちよく聴きたい曲」といった分け方です。

そのようなプレイリストを作っておくと、気分に合った曲が手軽に楽しめるようになるのです。

プレイリストの中でシャッフル再生すれば、似たような雰囲気の曲が次々に流れてきます。

気分に合わせた聴き方で、曲の魅力を存分に味わいましょう。

運動のモチベーションが上がる

テンションの上がるアップテンポな曲だけを集めると、運動で大活躍してくれます。

ジョギングやウォーキングをするときは、ただ黙々とやることが、つらく感じたりするものです。

そんなときにテンションを上げるプレイリストがあると、モチベーションを上げることができます。

ノリのいい音楽を聴きながら、どんどん体を動かせるようになるのです。

楽しく運動したいなら、ぜひプレイリストを使ってみてください。

歌の練習がしやすくなる

カラオケの練習をするときは、プレイリストを使い、うまくなりたい曲を集めておきましょう。

練習に必要な曲をまとめておけば、いちいち探す必要はありません。

プレイリストを選択するだけで、すぐに練習を始めることができるのです。

曲数が多いと、探すのに手間取ることも多いので、こうした工夫を試してみてください。

すぐ再生できるようにしておけば、やる気を削がれたりせず、たくさん練習できるようになります。

まとめ

プレイリストを上手に使うと、DAPによる音楽鑑賞がより充実していきます。

運動や歌の練習でも役立つため、意外と便利に利用できるものです。

分けてまとめておく作業が楽しくなることもあるので、気になる人は、ぜひ作ってみてください。