DAPのような小型な音楽プレーヤーは、いつでもどこでも音楽を楽しめる便利なアイテムです。

プレイリストを使えば、より充実した音楽鑑賞ができるようになります。

よくあるおすすめの作り方を紹介していくので、参考にしてみてください。

曲の評価で分ける

音楽管理ソフトを使うと、曲に評価をつけることができます。

DAPで評価できるものもあるので、まずはお気に入りの曲を選択していきましょう。

その上で星の数が多い曲だけを集め、プレイリストを作成してみてください。

評価の高い曲だけを入れるようにすると、好きな曲をいつでも楽しむことができます。

シャッフルで再生すれば、名曲ががどんどん流れてくるようになるのです。

もし飽きた曲があれば、それは評価を下げて外し、新しく好きになった曲を加えていきましょう。

ブラッシュアップしていけば、再生されたら聴かずにはいられない曲だけ残すことができます。

評価の作業が多少面倒ではありますが、空き時間などを利用し、コツコツ進めてみてください。

テンションの上がる曲だけを集める

テンションの上がる曲が入ったプレイリストは、運動をするときに役立ちます。

ジョギングやウォーキングをするときのために、アップテンポな曲を選択していきましょう。

好きならゆっくりな曲を選びたくなることもありますが、体を動かすには、あまり向いていません。

じっくり聴きたくなるバラードよりは、自然と体が動くロックなどを重視してみてください。

そのプレイリストがあれば、モチベーションの向上につながるため、運動が捗るようになります。

練習したい曲を集める

カラオケでうまく歌いたい曲があるなら、それだけを集めたプレイリストを作ってみましょう。

練習用の曲だけまとめておくと、探さなくてもすぐ再生できるため、とても便利です。

面倒な作業を省けば、いつでも気軽に歌えるようになります。

忘年会などで歌う機会があるときも助かるので、練習用にひとつ作成しておくことをおすすめします。

主題歌集を作る

映画やドラマ、アニメやゲームなど、お気に入りの主題歌を集めてみると、とても楽しいものです。

思い出に残っている作品の曲が次々に流れてくると、懐かしさに浸ることができます。

何年も続く長い作品などは、主題歌を集めることで、その歴史を振り返ることもできるのです。

挿入歌などを集めても楽しめるので、作品にこだわった選曲を試してみてください。

まとめ

DAPをより楽しく使うためには、ぜひプレイリストを活用してみてください。

ここで紹介したものは、ほんの一例であり、他にもいろいろな作り方ができます。

自由にテーマを決めて、聴きたい曲をどんどん集めていきましょう。