DAP(デジタルオーディオプレイヤー)を買うときには、どうしてもどの製品が良いのか?迷うということがあるはずです。

いろいろなメーカーが数多くの製品を出しているため、どれが望ましいか?という判断は難しいのです。

そこで使っていて便利に感じるDAPを買う際に知っておきたいポイントを3つ紹介していきます。

DAPのサイズはやや小さい方が良い

DAPを買うときにはサイズを気にするということが重要です。

基本的にDAPというのは外出先で使うことが多いはずで、持ち運びをするものであると言えます。

持ち運びに適したDAPを選ぶ必要があるわけですが、その時に重要なのがサイズです。

サイズを意識してDAPを選ぶと、外出先でも使いやすいと感じるものを手にすることができます。

サイズに関して重要なのは見た目の大きさもそうですが、厚みという点も見逃せません。

DAPというのはいろいろな場所に入れておくことがありますが、ズボンのポケットに入れたりすることも人によってはあるはずです。

特にジーンズのポケットは小さく、狭かったりするので、大きいものや厚みがあるものは入らず、そういうDAPは入れられる場所が限定されてしまうと言えます。

したがって、DAPを選ぶときには大きさが小さいものの方が収納できる場所が増えて便利と言えますが、そのときには厚さも薄い方が良いということを覚えておきましょう。

防水機能がついているものが良い

DAPの中には防水機能がついている、非常に便利なものがあります。

防水機能というのは、基本的にメリットはあっても、デメリットはほぼないと言えますから、いざというときのことを考えるならば必要な機能です。

防水機能がついていないDAPに関して、多少濡れたくらいでは壊れないでしょうけど、ずぶ濡れになることが絶対にないとは言えません。

それに防水機能がついているものはお風呂の中で使える場合もあり、利用シーンが増えるということもメリットになります。

ノイズキャンセリング機能がついているものが良い

DAPを快適に利用するには、やはり音楽以外の音を遮断するということが必要です。

ノイズキャンセリング機能があった方が良いということが言えます。

これは周囲から聞こえる雑音などをカットする機能で、周りがうるさい状況であってもその音を遮断することが可能です。

多くの人は電車内でDAPを利用すると思われますが、電車の走行音などがほとんど聞こえないという状況が発生するので、ノイズキャンセリング機能というのは絶対にあった方が良いです。

まとめ

DAPの選び方次第で、音楽を快適に聴くことができるか?という部分が変わってきます。

サイズ、防水機能、ノイズキャンセリング機能という3つのポイントに関して特にこだわると、いろいろなシーンで利便性を感じながら利用ができるはずです。