DAPで音楽鑑賞をするときは、ヘッドホンを使うこともあります。

多くのヘッドホンから使いやすいものを選ぶは、適当に決めたりしないてください。

失敗を防ぐためには、チェックポイントを押さえておくようにしましょう。

高い遮音性があるか

遮音性は、音楽の聴きやすさにつながる重要なポイントです。

特に、屋外で使うときは必ずチェックしておくべきです。

外は周りにいろいろな音が溢れているので、音楽の中に雑音が混ざりやすくなります。

静かな部屋の中と違い、邪魔な音が気になってしまい、音楽鑑賞に集中できないことも多いのです。

デメリットを防ぐには、できるだけ密閉型を選んでおいてください。

ハウジングがしっかり閉じている密閉型なら、邪魔な音をしっかり防いでくれます。

細かい音もわかりやすくなるので、外で使うならおすすめです。

音漏れしないか

DAPをバスや電車で使うときは、音漏れしないことが重要になってきます。

多くの人が利用する場所なので、迷惑をかけるような使い方はできません。

音漏れ防止のためにも、密閉型ヘッドホンが役立つので、よく見て選ぶようにしてください。

周りに迷惑をかけず、自分だけで静かに音楽を楽しんでいれば、余計なトラブルは避けられます。

低音をしっかり再現できるか

普段の音楽鑑賞で低音を重視する人なら、ヘッドホンは低音に強いタイプがおすすめです。

EDMやヒップホップといったジャンルでは、低音が重要な要素になります。

その点に注目するなら、やはり密閉型を選んでおきましょう。

密閉型は、低音を逃がさない構造になっています。

通常よりも低音の存在感が増し、迫力のある音を楽しむことができるのです。

自分がよく聴く曲に合わせて、ぴったりなタイプを選ぶようにしてください。

音に広がりがあるか

音に開放感が欲しいときは、隙間の多い開放型の方を選んでおきましょう。

隙間が多い分、音がしっかり広がるようになり、高音の伸びもよくなります。

周囲の音が混ざりやすく、音漏れのリスクもありますが、部屋の中で使うなら問題はありません。

DAPを外に持ち出さない人は、開放型も選択肢に入れておきましょう。

Bluetoothに対応しているか

ヘッドホンを使っていると、コードが気になることもあります。

揺れたり引っかかったりすることが多いと、使いにくさを感じてしまうのです。

DAPを持ち歩くときなど、体がの動きがあるときは特に注意が必要です。

そんなときにピッタリなタイプは、ワイヤレスヘッドホンになります。

Bluetoothに対応していれば、コードなしで接続することができるのです。

揺れたり引っかかったりしないタイプを選び、快適な音楽鑑賞ができるようにしましょう。

まとめ

DAP用にヘッドホンを選ぶときは、自分が優先したいポイントを明確にしておきましょう。

何が大事かよく考え、メリットが大きいタイプを探していけば、失敗は少なくなります。

長く迷ったりしなくても済むように、選ぶ前にしっかり準備しておいてください。