日常を過ごす中で、音楽を聴く機会があるという人や、音楽を聴くのが趣味だという人は多いことでしょう。

好きなアーティストの音楽を聴くのは、世代を問わずに多くの人が楽しんでいます。

スマホなどで音楽を聴くという人もいるでしょうが、より良い音質を求めたり、電池などの不安から、音楽プレーヤーを持っているという人も多いです。

この音楽プレーヤー、今ではDAPというものが主流となっているのですが、それがどういったものかご存知ですか。

ここでは、DAPとは何なのか、どのような利点があるのかといったことを紹介していきます。

DAPとはいったい何なのか

DAPは、デジタルオーディオプレーヤーの略称になります。

最近になって販売されている音楽プレーヤーは、基本的にこのDAPと呼ばれるものになっています。

このDAPですが、一昔前によく名前を耳にしたMP3プレーヤーとは異なるものになります。

正しい言い方をすると、DAPはMP3プレーヤーでもありますが、より高性能になったものであるともいえます。

まずMP3プレーヤーとは、MP3と呼ばれる音楽ファイルを聞くことができる音楽プレーヤーになります。

このMP3プレーヤーが主流となっていた時代には、音楽=MP3と考えられるくらい、MP3のデータが多かったのです。

ですが、時代が進み、より良い音質を求めたしする風潮から、MP3以外の音楽ファイルも多く表れるようになりました。

それにより、より良い音質で音楽を聴いたりするためには、MP3以外の音楽ファイルにも対応している音楽プレーヤーが必要になりました。

そしてさらに時代が進み、CDよりもデータ量が大きいハイレゾ音源というものも開発されるようになってきました。

今回の主題となっているDAPとは、MP3はもちろんのこと、それ以外の音楽ファイルや、ハイレゾ音源なども再生することができる高性能な音楽プレーヤーになります。

では、実際にDAPを使用するとなると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

DAPはどんな点で優れているのか

DAPの一番の強みは、ハイレゾ音源を再生することができる点でしょう。

先ほどハイレゾ音源のことを、CD以上のデータ量だと紹介しました。

CDではデータ量が決められていたため、収録したりする中で、どうしても情報量を抑えるために記録しきれない部分がでてしまいます。

ですがハイレゾ音源では、より多くのデータを取り入れることができるので、CDでは記録できなかった部分まで記録することができるようになります。

そのため、音の太さや繊細さ、奥行き、圧力、表現力といったものがより取り込まれていて、多くの音を再現することができるようになっています。

そのため、より生の状態に近い音を聞くことができるのです。

ハイレゾ音源にはCDの約6.5倍もの音の情報を収録することができます。

まとめ

音楽を聴くのが好き、好きなアーティストの音楽を聴くのが楽しい、といった感覚は誰しもがもつものです。

そして音楽が好きな人ほど、生で音楽を聴きたい、と感じるでしょう。

ですが、実際にライブに行ったりするのは時間やお金の都合があったりして、簡単にできるものではありません。

そんな時に、より生の音楽に近い状態で聞くことができるようにしてくれるのが、DAPなのです。

音楽が好き、ライブのような臨場感を味わいたいという方は是非、DAPの購入を検討してみてください。